母から子へ、子から孫へ、語り継がれる珠玉の物語 ―京人形のもりさん―

ごあいさつ

この度は新しいご家族の誕生、誠におめでとうございます。

京都・西陣という高級織物産地にて創業いたしました弊社の西陣織裂地は、全国の人形司の皆様にお使いいただいております。

弊社の雛人形は、京の名工にして西陣織大会で数多くの賞に輝き、瑞宝単光章授章の伝統工芸士、
森 美左衛門
の図柄を使用しております。
気鋭の人形司と讃えられる京人形司である平安栄暁による伝統技を融合したわが国を代表する、節句人形に仕上げられており、お客様に品質・価格共にご満足頂く為、日々精進し製作致しております。

京の名工と人形司によって贅の限りを尽くし、手づくりされた作品を、この機会に是非ご来臨賜り、ご高覧いただきたくご案内申し上げます。
様々なお飾りを豊富にとり揃え、お客様のご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

美しく一生を大安にとの願いを込めて…「ひな人形」
健やかにたくましくとの願いを込めて…「五月人形」

雛人形・五月人形無料カタログ
ご購入者全員にプレゼント

今日の一品
金襴

ごあいさつ

節は季節の変わり目を意味し、その季節の変わり目に、家族や日頃お世話になっている方々が心身ともに健康で暮らせることを願い、お供え物をして邪気を祓う行事を「節句」(節供・せっく)といいます。
1月7日の「人日」、3月3日の「上巳」、5月5日の「端午」、7月7日の「七夕」、9月9日の「重陽」の5つを「五節句」といいます。「五節句」には、昔から今に伝わってきた作法だけでなく、家族に対する思いが込められ、日本文化においてとても大切な行事です。
節句に対する思いを家族や身の回りの方に感謝の心とともに伝えていき、受け継いでいただきたいものです。

新着情報一覧


ページトップへ

Copyright(C) MORISAN Corp. All Rights Reserved.

ホームページ制作のリュウム