お祝いマナーQ&A

お祝いマナーQ&A

ひなまつり(桃の節句)

おひなさまは誰が贈るもの?

おひなさまを贈るのは母方の実家というのが主流です。これは嫁ぐ娘が寂しくないように嫁入り道具として持たせた時代のなごりです。父方のご両親からは市松人形を屏風飾りにして贈る場合が多いようです。しかし、最近では両家で折半するなどのケースもございますので、一度家族で相談してみてはいかがでしょうか。

どこで買うといいの?

人形専門店でお買い求め頂くことをおすすめ致します。豊富な品揃えはもちろん、幅広い価格帯のお人形が用意されておりますので、ご家族やお子様に合わせてお選びいただけます。その際、伝統の技に裏打ちされた人形に関する知識を持ったスタッフにお気軽に相談下さい。良いものを長くお飾りいただくために、アフターサービスが充実しているのも魅力です。

二人目、三人目は共有でもいい?

ひなまつりの由来にあるとおり、おひなさまは女のお子さまの身の汚れや災いを肩代わりするいわば自身のお守りです。お母さまのお下がりや姉妹での共有は、厄を引き継ぐという説もあります。ですから、一人に一つが理想的です。

おひなさまを出すのはいつ頃?

おひなさまは初節句ならお正月過ぎ、二年目以降なら立春過ぎの(2/4頃~4/3頃)、お日柄の良い日に飾りましょう。

お祝いの日取りは?

桃の節句のお祝いは、三月三日当日か、宵節句(よいぜっく)といって前日の夜に行うのが古くからの習わしです。しかし、双方のご両親など招待する人の都合もありますから、三月三日近くのお日がらのよい休日などにする場合が多いようです。

決まった料理などはある?

お祝いの日のごちそうは、ちらし寿司やはまぐりのお吸いものなどが定番です。はまぐりは、自分のフタでないと絶対に合わないことから、女性の貞節や良縁を意味するもの。
ちょうどこの季節においしい素材でもあります。赤ちゃんのいるお母さま、お父さまには大変なことですが、お嬢様の一生に一度の初節句ですから、ぜひ手作りをおすすめします。
また、魔を除けるとされる桃の花、桃と紅白の対になっておめでたい白酒なども欠かせません。

お祝い返しは必要?

ご招待した方々からのお祝い返しには、当日のお帰りに、それ以外のご親戚やご近所などから贈られた場合には、お節句の当日か、それ以前の日柄のよい日にお返しをしましょう。赤飯や紅白の砂糖、お菓子などに記念になる引出物一品を添えてお嬢様の名前を記した内祝いののしを付けてお返しするのが一般的です。

五月人形(端午の節句)

五月飾りは誰が飾るもの?

絶対にこの人、という決まりはありませんが、母方の実家から贈るのが主流となっています。
一方、父方のご両親からはおもてに飾る鯉のぼりを贈るケースが多いようです。もちろん、この慣例にこだわらず、みなさんで相談して納得のいくかたちであればOKです。

二人目も男の子。五月飾りは兄弟共有でいい?

端午の節句の由来にあるとおり、五月人形は男の子にふりかかる病や災いを肩代わりするもの。
お父さまのお下がりや兄弟での共有は“厄を引き継ぐ”という説もありますので、一人に一つが望ましいとされています。長男には鎧飾り、次男には兜飾りや武者人形と種類を変えるケースが多いようです。

五月飾りは、いつ頃から飾るもの?

五月人形、鯉のぼりは、特に決まった日というのはありませんが、お節句の一ヵ月ほど前のお日柄の良い日が望ましいでしょう。清名(4/5頃~6/5頃) お日柄の良い日に飾りましょう。
長期間出しっぱなしにするのは、色あせや傷みのもと。お節句が済んだお天気の良い日に片付けましょう。鯉のぼりは旧暦の五月五日まで飾ることもございます。

初節句のお祝いはどうする?

お祝いのしかたは地方によって大きく異なりますが、今どきはご家族で、ささやか にお祝いするケースが一般的です。日取りは五月五日当日か、宵節句(よいぜっく)といって、前日の夜が古くからの習わしですが、平日はなかなか揃いにくい もの。五月五日近くのお日柄のよい休日にする場合が多いようです。
また、お祝いのメニューは、出世魚といわれるスズキやブリ、勝つ男という意味でカツオなどが定番。
旬のタケノコも「すくすくのびる」ということで縁起がよい食材です。デザートには柏餅やちまきを。菖蒲を浮かべた「菖蒲湯」で病よけの祈願をします。

親戚から宅配便でお祝いが。お返しは必要?

初節句が近づくと、親戚の方などからお祝いのお人形が送られてくることがあります。
そんなときは、お節句当日か、遅くとも五月なかば頃までには、お返しをしましょう。送る場合は、お子さんの写真を添えるのもいいですね。お祝いの席にお招きした人には、お帰りの際にお返しを手渡しできるように準備しておきましょう。内容は、お子さんの名前で内祝いののしを付けて、お菓子+引出物というのが一般的ですが、紅白の砂糖を贈る風習もあります。



ページトップへ

Copyright(C) MORISAN Corp. All Rights Reserved. Produced bu Ryuumu.