人形ができるまで

人形ができるまで

図案と紋意匠図を作ります。

1.紋意匠

図案を基に、織り組織の指示を表した金襴列の設計図を作る長い工程のスタート地点となる、図案と紋意匠図を同じ職人が兼ねる場合もあります。
微妙な色の違いや変化を的確に塗り分けながら紋意匠図に起こしています。


図案に応じて一色ずつ糸を染めます。

2.糸染め

織元の指示する色に染め上げられる図案に応じて一色ずつ染められる糸。ぴったり決まった色が出るまで、染料をすこしずつ足しながら調整していきます。
精錬に始まり糸染め仕上げまで、水を大量に扱う仕事だけに体力が必要です。


図案に応じて一色ずつ糸を染めます。

3.糸繰り

次の作業を円滑にするために糸を枠に巻き取り、扱いやすく現在はゼンマイというモーターで動く糸繰機で1度に多くの糸を巻き取ることができます。かつては「タタリ」と呼ばれる棒が木の台に3本立った道具で乱れた糸を巻き取っていました。


経糸がきちんと上下するように整える作業です。

4.整経

経糸がきちんと上下するように、奇数・偶数ごとに整える作業。
でき上がった千切は、このまま織元に届けられます。昔は木の枠に手で糸を往復させる「手べぇ」とよぶ方法で行われていました。


各織り技法に合った織機で少しずつ織っていきます。

5.製織

各織り技法に合った織機で少しずつ緻密に織られてゆく。機にかけられるまでも長い道程でしたが、織るのにも高度な技術と時間が求められるのです。


生地整理加工

6.生地整理加工


バランスを整えながら着せ付けします。

7.着付け

糊付けした和紙を西陣織に貼り付け切断し、縫いつけ、アイロンがけ、袖付け、着せ付け、組み立てを行います。着せ付けでは、羽織や単を糊付けし装着させ、綿を詰めてバランスの調節を優雅な姿になるよう、丁寧に着付けていきます。


全体のバランスを調整します。

8.飾り付け

後ろ側にも女雛なら肩帯・裳袴、男雛は石帯や平緒などを装着し、全体のバランスを見ます。


腕折りによって人形の良し悪しが決まるほど、重要な工程です。

9.腕折り(かいなおり)

殿・姫、共に腕折りにより良い悪いが決まります。針金が通っている真っ直ぐな腕を千枚通し1つで一度で決めなければならない、熟練を要する最終工程です。
さらに全体のバランスを見直し、衣裳のしわなどにも十分注意します。腕折りは難しく、熟練の技が求められます。


頭を差し込んで完成です。

10.完成

最後に頭(かしら)を差し込む。
ひな人形の出来上がりです。




ページトップへ

Copyright(C) MORISAN Corp. All Rights Reserved. Produced bu Ryuumu.